ツンデレ学会West 発表要項

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


TDAC-ツンデレ学会- Last Updated 2014-01-26

発表方法等

 発表はプロジェクターを用いた口頭形式で行います。
 発表の持ち時間は12分、質疑応答で7分を予定しております。
 尚、あくまで学会ですので、発表者の方はスーツ着用でのご参加にご理解ご協力をお願い致します。

TDAC賞対象講演(予定)

 TDAC賞(ツンデレ学会賞)は、発表キャラの一人及びそのキャラクターが登場するゲーム・アニメ等にスポットを当て、そのキャラについて様々な角度から発表をして頂いた講演を対象と致します。

発表キャラクター

 講演に関しては、他の発表者とキャラクター及び作品が被らないように調整致します。発表キャラクターに関しては先着順となっておりますので、以下の発表予定キャラクターと別のキャラクターにてご応募下さい。

発表予定キャラクター
未定

発表要旨

 発表に先立ち、A4で1~2枚の要旨を提出して頂きます。テンプレートとしてWordファイルを以下のURLよりダウンロードし、2014年3月9日(日)迄に提出して下さい。

要旨・テンプレート

 基本的に要旨の形式は問いません。しかし、どのように書いていいかわからない部分が多いと思いますので、第2回及び第3回ツンデレ学会の要旨集を下記にアップロードしましたので参考にして下さい。

第2回要旨集
第3回要旨集

準備予定機材

 ツンデレ学会実行委員会では、講演会場に以下の機材を準備する予定です。

液晶プロジェクター 1台
発表用PC 1台以上
 OS:Windows 7  Mac OS 10.7.4
アプリケーション
 Microsoft PowerPoint(Windows用)
 keynote(Mac OS用)
電源コード(延長コードあり)

留意点

 全ての発表は、液晶プロジェクターを介して、PowerPoint等のプレゼンテーションソフトを利用して行って頂きます。OHPやビデオデッキ、DVDプレイヤー等は使用出来ません。
実行委員側で用意する器材で発表される場合は、発表用データをCD-RやDVD-R等の光学メディアに入れて持参して下さい。フラッシュメモリやSDカード等のメディアは、ウィルス感染を防止する観点よりご遠慮下さい。また、光学メディアも予めウィルスチェックを行っておいてください。
 ご自身のPCで発表される場合は、予め動作チェックを行ったPCをご持参下さい。プロジェクタの出力端子はD-sub15ピンです。DVI端子やHDMI端子は装備しておりませんので、これらの端子から出力される場合にはご自身で変換アダプタ等を用意して下さい。

講演時間

総枠 約60分
流れ 発表→質疑応答→自由討論

 講演時間には、登壇者の交代や座長による講演題目の紹介なども含まれています。それ以外に、パソコンの接続調整等の時間を発表前に10分程度設けてあります。
 講演者は学会が開始される前に、持参したデータを指定のフォルダにコピーもしくはご自身のPCをセットアップ後、プロジェクターから正常に投影されることを必ず確認して下さい。
 パソコンの操作は講演者自身か共同発表者で協力して行って下さい。パソコンのトラブル等が生じた場合でも原則として講演予定時刻の変更は致しません。
 尚、発表者はスーツ着用でお願いします。学会という性質上、ご理解ご協力下さい。

Macをお使いの方へ

 当日準備する発表用PCの中に1台MacBookを準備します。また、Macのプレゼン用としてkeynoteがプリインストールされています。
※詳しくは準備機材の項目をご覧頂くか、実行委員会宛にメールでお問い合わせ下さい。